【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂文朝/手紙無筆(てがみむひつ)

   

Sponsored Link

手紙無筆(てがみむひつ)は、落語の演目の一つである。
三遊亭圓丈は「手紙無筆USA」改作して演じている。

字の読み書きが出来ない人間に、字の読み書きが出来ない人間が手紙の朗読を頼みに来る…字の読み書きが出来ないため相手の話を基に朗読をしていくが、最後にばれてしまう…

Sponsored Link

あらすじ

ある日、ご隠居のもとに八五郎が手紙を持ってやってくる。
八五郎が言うには、自分は字の読み書きができない「無筆」であり、そのため、いつも自分のところへ来る手紙は近所の角にある提灯屋の主人に読んでもらうようにしていたのだが今日は用事があり、不在であるため、ご隠居なら若い頃の自身を学者先生だと自称していたため、字が読めるはずと思い、頼みに来たというのである。
しかし、実はただ物知りなだけでご隠居自身も本当は「無筆」であるため、最初は「鳥目だから読めない」などと言って追い返そうとするが、それらは全て誤魔化しきれない嘘だと見破られ却下されたため、どうにか手紙っぽく読んで誤魔化そうとする。
まず手紙の書き出しの典型的な例を言っていきその中から八五郎に選ばせようとしたり、手紙の内容を全て書き出しの言葉だけで埋め尽くしたりするが当然、そんなでたらめで納得するわけがない。
そこで今度は手紙をよこしてきそうな人物に心当たりがないかを聞き、どんな内容を書いてきそうかと言うことも問いただし、それで誤魔化そうとするが、受け取り主の名前は呼び捨てなのに、送り主の名前には敬称がつけられ、また明らかに書き言葉ではなく話し言葉で書かれているかのように読んだため、ついにはばれる。
そして窮地に立たされたご隠居は上手い事手紙の内容でごまかすのであった・・・

Sponsored Link

 - 桂文朝

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂文朝/近日息子(1991)

平成3年1月 TBSラジオ 近日息子(きんじつむすこ)は上方落語の演目の一つであ …

桂文朝/平林(ひらばやし)

「平林」桂文朝 『平林』(ひらばやし)は、落語の演目。 原話は、安楽庵策伝が寛永 …

桂文朝/熊の皮

あらすじ 横町の医者から、祝い事があったからと、赤飯が届けられた。 その礼に行か …

桂文朝/居酒屋
桂文朝/家見舞い(肥瓶)

昭和53年(1978)4月 池袋演芸場にて あらすじ 借金をしても義理だけは欠か …