【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

   

Sponsored Link

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひいて、医者に診てもらう。すんだ後で「転失気はありますか」と聞かれ、知らなかったが「ない」と答えてしまう。先生が帰った後、小僧の弁長に、いつも教えてくれると思うからすぐ忘れてしまうのだから、他の人に教えてもらうほうがいいと、「転失気」を門前の花屋に借りてくるように命じる。花屋はちょっと前にはたくさんあったが、お付けに入れて食べてないとの答え。和尚にその旨を伝えると、医者から薬をもらってくるときに、ついでに聞いてくるように言いつける。その時、自分腹からでたものであるように聞くように付け加える。先生に聞くと「おなら」のことだと教えてくれる。和尚は知らなかったのだとわかり、自分を使って聞いてこさせたのだとわかり、「転失気」は「盃」のことだと嘘を言った。和尚も「飲酒器」のことだと信じ込む。なか一日おいて先生がお見舞いにやってきた。和尚は回復の礼を言うとともに、粗末だが転失気があり、お目にかけると申し出る。先生はちょっと困った顔。「拝見いたすには及ばん」「いやいや、手前自慢の転失気もござる。とりあえず、三つ組みを」「三つ組みの転失気を!!」
[出典:http://yunomi.seesaa.net/article/41731638.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)五人廻し

江戸で安直に遊べる遊郭では、廻しと言って花魁は一夜に複数の客を取った。お客もそれ …

三遊亭圓生(六代目) 開帳の雪隠

開帳の雪隠(かいちょうのせっちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、明和9年(1 …

三遊亭圓生(六代目) 人形買い

あらすじ 長屋の神道者の赤ん坊が初節句で、ちまきが配られたので、長屋中で祝いに人 …

三遊亭圓生(六代目)肝潰し(肝つぶし)

『肝つぶし』(きもつぶし)は、上方落語の演目の一つ。主な噺家は二代目桂ざこば、六 …

三遊亭圓生(六代目)花筏

相撲の親方が、銚子の祭相撲に人気力士の花筏を出す契約をしたが、花筏が病気のため、 …

三遊亭圓生(六代目)田能久(たのきゅう)

六代目三遊亭円生の噺、「田能久」(たのきゅう)より 阿波(あわ)の国、徳島の在・ …

■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目)てれすこ
三遊亭圓生(六代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

■三遊亭圓生(六代目) 寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じ …