【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

   

Sponsored Link

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひいて、医者に診てもらう。すんだ後で「転失気はありますか」と聞かれ、知らなかったが「ない」と答えてしまう。先生が帰った後、小僧の弁長に、いつも教えてくれると思うからすぐ忘れてしまうのだから、他の人に教えてもらうほうがいいと、「転失気」を門前の花屋に借りてくるように命じる。花屋はちょっと前にはたくさんあったが、お付けに入れて食べてないとの答え。和尚にその旨を伝えると、医者から薬をもらってくるときに、ついでに聞いてくるように言いつける。その時、自分腹からでたものであるように聞くように付け加える。先生に聞くと「おなら」のことだと教えてくれる。和尚は知らなかったのだとわかり、自分を使って聞いてこさせたのだとわかり、「転失気」は「盃」のことだと嘘を言った。和尚も「飲酒器」のことだと信じ込む。なか一日おいて先生がお見舞いにやってきた。和尚は回復の礼を言うとともに、粗末だが転失気があり、お目にかけると申し出る。先生はちょっと困った顔。「拝見いたすには及ばん」「いやいや、手前自慢の転失気もござる。とりあえず、三つ組みを」「三つ組みの転失気を!!」
[出典:http://yunomi.seesaa.net/article/41731638.html]

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目) 長崎の赤飯(長崎の強飯ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先 …

三遊亭圓生(六代目)猫怪談

あらすじ 深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった …

三遊亭圓生(六代目) 文七元結

あらすじ 左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに …

三遊亭圓生(六代目) 小判一両

これは江戸の中頃のお話しでございますが、今戸八幡様の鳥居前に茶店がございまして、 …

三遊亭圓生(六代目)突き落とし(上方版~棟梁の遊び)

文化年間(1804~18)から伝わる江戸廓噺。原話不詳。 大正期には、初代柳家小 …

三遊亭圓生(六代目)怪談牡丹灯籠(お露と新三郎/御札はがし)

お露と新三郎 御札はがし(1:03:03~) 牡丹灯籠(ぼたん どうろう)は、中 …

三遊亭圓生(六代目) 錦の袈裟

上方落語の『袈裟茶屋』の舞台を吉原遊廓に置き換えて東京に移入し、さらに明治期に初 …