【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)てれすこ

   

Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)稲川(千両幟)

大阪の稲川という力士が東京に出てきて勝ち進んだが、どこからも贔屓の声が掛からなか …

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …

三遊亭圓生(六代目)転失気(てんしき)

ある寺の住職は負け惜しみの強い方。知らないと言うことが嫌いな人。ある時、風邪をひ …

■三遊亭圓生(六代目)双蝶々(ふたつちょうちょう)

序~小雀長吉 八百屋の長兵衛の倅・長吉は、小さいころから手に負えない悪で、店の物 …

三遊亭圓生(六代目)長崎の赤飯(長崎の強飯:ながさきのこわめし)

おいおい、よしなよ。 ふッ、莫迦なことを言ってやがる。 そんなことが出来るんなら …

三遊亭圓生(六代目)真田小僧

こましゃくれた子供が父親から小遣いをせびるためにあの手この手のゴマすり、それでも …

三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

■三遊亭圓生(六代目)百川(ももかわ)

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目)四宿の屁(ししゅくのへ:四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …

三遊亭圓生(六代目)質屋庫(質屋蔵)