【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家喬太郎/時そば(時蕎麦)

   

Sponsored Link


副題:コロッケそば

Sponsored Link

あらすじ

江戸の夜ふけ。
往来を流して歩く二八そば屋にひとりの客がやってくる。
客はしっぽく(具ののった温かいそば)を頼むと
「景気はどうだい?商売は商いというくらいだ、飽きずにやんなくちゃいけねえぜ」と亭主に話しかける。

亭主が相手をすると客はつづけて「あたりや」という屋号や、割り箸、器、そばのダシ、麺のコシ、具の竹輪までをつぎつぎに褒めちぎり、そば一杯を平らげる。二八そばの値段は一杯十六文。

客は一文銭十六枚で勘定を支払うと言うと小銭を取り出し、
「・・・五つ、六う、七、八、蕎麦屋さん、いま何時だい」
「へい九つです」
「十、十一、十二・・・」

男は勘定の途中で時刻を訪ね、一文ごまかすことに成功する。
その様子をわきで見ていた間抜けな男がこのからくりに気がつき、翌晩、自分も真似をしようとするが……

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/うどん屋

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

柳家喬太郎/いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …

柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎/バイオレンスチワワ

あらすじ ある日、人間に飼われているチワワが、あるじと一緒に散歩へ出かける。 す …

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎/純情日記・横浜編

あらすじ バイト先で知り合った女性が好きになった。 勇気を出して電話でデートに誘 …

柳家喬太郎/錦木検校(にしきぎけんぎょう)

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

柳家喬太郎/落語の大学
柳家喬太郎/喜劇駅前結社

あらすじ そば屋の親父が娘に小言を言う。 娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざ …

柳家喬太郎/巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …