【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

露の五郎兵衛(二代目)トンボさし

   

Sponsored Link

捕虫網を手に持ち、虫カゴをぶら下げてトンボを追いかける。パソコンやゲーム機なんてなかった、それどころかテレビも普及していなかった時代には、トンボ取りは子どもの遊びの代表でした。
子ども仲間では網を使うなんていうのは外道で、小石を銀紙で包み糸の両端に付けて空中に放り投げ、餌虫と間違えて寄って来たトンボをからめ捕る技巧派が大きな顔をしていたようです。なかにはトリモチを使用する懐古趣味派がいたりして、皆してトンボさしに行こうと集まったのですが、一人、吉松っちゃんが来ないのです。
そこで、家まで迎えに行くと、ちょうどお母さんが縁側で昼寝をしているところでした。と、お母さんの……

Sponsored Link

 - 露の五郎兵衛(二代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

露の五郎兵衛(二代目)蟹と行者
露の五郎兵衛(二代目)女護ヶ島(にょごがしま)
露の五郎兵衛(二代目)下口

男と女が夫婦になって、いったい何をすればよいのか、全く知らないという男の噺&#8 …

露の五郎兵衛(二代目)故郷へ錦

息子が「どうしても一緒に寝たい」というので母親が仕方なしに承諾すると、 息子は金 …

露の五郎兵衛(二代目)人形の目

奥さんを亡くした大家の親旦那に、若旦那夫婦は後添えをもらうように勧めるが「もうそ …

露の五郎兵衛(二代目)提灯屋

提灯屋(ちょうちんや)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、3代目三遊 …

■露の五郎兵衛(二代目)うなぎ屋(鰻屋)

新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともできずに四苦八 …

露の五郎兵衛(二代目)お好み吸い物

「お好み吸物」という看板が出て、どんな吸物でも作りますと宣伝している。 侍夫婦と …

露の五郎兵衛(二代目)二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

露の五郎兵衛(二代目)義士大根

勝田新左衛門 落語仮名手本忠臣蔵