【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

      2020/02/01

Sponsored Link


親子三人による、貴重なリレー落語です。

データ

昭和33年(1958年)録音。
志ん朝~21歳(入門二年目の前座)
馬 生~31歳
志ん生~69歳

音源の録音・編集は、当時ニッポン放送に勤務しておられた長女の美津子さまによるものです。

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目), 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)ふたなり

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(二形・半陰陽)をテーマとしている。 …

古今亭志ん生(五代目)もう半分

もう半分(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話(三遊亭圓朝作 ) 別名「五 …

古今亭志ん生(五代目)猫の皿

猫の皿(ねこのさら)は、落語の演目のひとつ。 古美術商が旅先の途中で立ち寄った茶 …

古今亭志ん生(五代目)鈴振り(鈴まら)

★聴き比べ→金原亭馬生 鈴ふり(すずふり)は、落語の演目の一つ。(鈴まらとも) …

古今亭志ん生(五代目)搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

あらすじ 家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を …

古今亭志ん生(五代目)たがや

たが屋(たがや)は、落語の演目の一つ。原話は不明だが、江戸時代から高座にかけられ …

古今亭志ん朝 首提灯

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、安永3年(1774年) …

金原亭馬生(十代目)抜け雀

あらすじ 小田原宿に現れた若い男、色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重は …

古今亭志ん生(五代目) まんじゅうこわい(饅頭怖い)

あらすじ 町で若者の寄り合いがありました。次から次へ恐いものを言い合いました。 …

古今亭志ん生(五代目)たぬき(狸の札~狸の鯉)

★聴き比べ ⇒ http://rakugo-channel.tsuvasa.co …