【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/つるつる

   

Sponsored Link

談志師匠の『つるつる』

一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けている。
もうこれ以上片想いもしていられなくなって、なんだか遠回りに、わかりやすく照れ隠ししながら“プロポーズ”。

そうしたら、意外にもお梅は「女房になっていいよ」と返事をする。
「『愛』や『恋』じゃなくて、私はお前さんという『人間』が好きなんだよ」というお梅。
ただし、この婚約には一つ条件があって、「今晩、深夜2時に必ず迎えに来ておくれ。仮に1分でも遅れたら、この話はなかったことでよろしく」。

「大丈夫ですよ、必ず深夜2時に伺いますよ!」と応じ、有頂天でお梅の部屋を出ていく一八。
しかし、将来を喜びながら道を歩いていると、偶然、ご贔屓の大将に「今晩、酒に付き合え!」と声をかけられてしまい……。

「たまには一八を幸せにしてやってもいいじゃねえか」と考え、独自の解釈を織り込みむ。
さまざまな噺の再解釈、再々解釈に挑み続け、本来ならばしくじるはずのたいこもちの一八の恋が成就するというバージョン。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 ぞろぞろ(1983年)

演目:『ぞろぞろ』について http://rakugo-channel.tsuv …

立川談志 芝居の喧嘩
■立川談志 松曳き

※29:07~野ざらし 『松曳き』(まつひき)は古典落語の演目の一つ。 主な噺家 …

立川談志/味噌蔵

あらすじ 驚異的なしみったれで名高い、味噌屋の主人の吝嗇(しわい)屋ケチ兵衛。 …

立川談志 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

立川談志 蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

『住吉駕籠』(すみよしかご)または『蜘蛛駕籠』(くもかご)は古典落語の演目の一つ …

立川談志/二十四孝(にじゅうしこう)

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

立川談志/浮世根問
立川談志 山崎屋

あらすじ 若旦那・徳さんが番頭に三十両貸してくれと借金の申し込みをしたが頭から断 …

■立川談志/金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …