【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)つる

      2019/03/09

Sponsored Link

 

つるは落語の演目の一つ。古典落語。
元は「絵根問」という噺の最後の部分だったが、4代目桂米團治が独立させてまとめたとされる。
のちにガリ版印刷の『桂米團治口述 上方落語台本』に記し、若手落語家の稽古本となった。
前座噺として扱われることが多い。
江戸落語では桂歌丸の口演が有名。

あらすじ

上方版

散髪屋で物知りの男の噂を聞きつけ、問答に来たアホの男。
「南京虫は脚気になるか」「トンボはめばちこ(物貰い)を患うか」などを聞くが、常識的なことを聞けとたしなめられる。 それではと、散髪屋にあった掛軸の絵の鶴について尋ねると、昔は「首長鳥」と呼んでいたと聞かされ、重ねてなぜその後「つる」と呼ぶようになったかを尋ねる。
そこで、鶴が唐土(もろこし)から飛んで来た際、「雄が『つー』っと」、「雌が『るー』っと」飛んで来たために「つる」という名前になったと教えられる。
この男が実は嘘だと言うのも聞かず仕舞いに、今仕入れたばかりの知識を町内に披露しに行くアホの男。
訪れた先で、いざ披露。「つる」の由来について半ば強引に教えるも、「雄が『つるー』っと」と言ってしまったために困り果てる。
一旦物知りの男のもとへ戻り、再びレクチャーしてもらう。
今度は「雄が『つー』っと来て『る』と止まった」と言ってしまったため、苦し紛れに「雌が黙って飛んで来よった」。

江戸版

暇つぶしに隠居の所へ来た八五郎。
話をしていると、そのうち話題が散髪屋の床の間にあった鶴の掛け軸の事になり、八五郎は「『鶴は日本の名鳥だ』って奴がいたけど、ありゃ何で名鳥なんですか?」と質問。
すると、隠居は「日本の名木に『松』がある。松に鶴は良く似合う」と説明した。つい花札を連想しながらも、何とか話を理解した八五郎が、次に質問したのが鶴の由来。

すると隠居は、鶴が唐土から飛んで来た際、「雄が『つー』っと」、「雌が『るー』っと」飛んで来たために「つる」という名前になったと説明。
それをジョークだと見切った八五郎は、その話を他のところで披露し、引っかかった相手を笑ってやろうと隠居の所を飛び出した。
しかし、余りにも慌てていたせいで話の内容を忘れてしまい失敗。
隠居の所へ戻り、もう一度話をしてもらってリターンマッチに臨むがまた失敗してしまう。結末は同じ。

主人公の描写

結末は同じだが、この噺には物知りが教えた「珍説」を、主人公が頭から信じ込んで失敗するパターンと、ジョークだと理解した上で使おうとするパターンの二つがあり、どちらを使うかによって話の雰囲気はだいぶ変わってくる。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

■桂枝雀(二代目)不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植 …

■桂枝雀(二代目)牛の丸薬

大和炬燵(こたつ=土製の小型の四角いあんか)の古くなったのをいじっているうちに、 …

■桂枝雀(二代目)口入屋

  口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で …

■桂枝雀(二代目)上燗屋

あらすじ 「おやっさん。一杯何ぼやねん、一杯十銭?一杯もらおか」 「ありがとうご …

■桂枝雀(二代目)緊張の緩和理論と笑いの分類

笑いとは何か? 桂枝雀が語る『笑いの分類』上岡龍太郎との対談 大変貴重な動画です …

桂枝雀(二代目)ロボットしずかちゃん

  『ロボットしずかちゃん』は小佐田定雄が1985年に作った新作落語。主に2代目 …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)いらちの愛宕詣り

いらちの愛宕詣り(いらちのあたごまいり)は上方落語の演目の一つ。 東京に移植され …