【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬の助(初代)辻八卦

      2018/12/01

Sponsored Link

辻占いが通りで客を呼び込みます。最初にやってきたのが、田舎侍でした。侍の氏名をずばり当てます。「編み笠に名前を書いていますよ」と正直に易者が答えます。お侍の易が終わらないうちに、芝居好きの男がやってきました。
この男、延々と五段目をうなり始めたんです。歌詞を覚えるように当時は芝居のセリフを暗記していたんですな。
「ところでだ、定九郎は何に生れ変ったんだ?」と聞きますと、
「車を引く牛に生れたんですな。しっしっ(しし、猪)と追われる牛ですな」と易者は答えます。
「上手いことを言いますな、では、勘平は?」、易者は釜番をしていると答えます。
それまで黙って聞いていた侍が口をはさみます。「では、大石内蔵助は何に生まれ変わったのかの?」

「内蔵助さまはまだ誕生には仕かまつってはおりません」

Sponsored Link

 - 金原亭馬の助(初代)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬の助(初代)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

金原亭馬の助(初代)権助芝居

あらすじ 町内の芝居好きが集まって素人芝居をすることになったのだが役に当たった者 …