【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓楽(五代目)町内の若い衆

   

Sponsored Link

 

あらすじ

大工の八五郎が御店(おたな)の家のそばを通りかかったので、ちょいと顔を見ようと寄ってみると、

あいにく大将は寄り合いで出かけていて、奥さんに出迎えられ、奥さんの薦めで茶を飲んでいると裏の方でえらくトンカン音がする。

何をやっているのかと聞くと、なんでも茶室を建てているとのことだった。

そこで八五郎は「この不景気に茶室を建てるとはおたくの大将は働き者ですね!!」とひとつおだてると、奥さんは

「うちの人の働きではございません。町内の若い衆がよってたかってこしらえてくれたようなもんです」

と八五郎にも花を持たせてくれたのでやや喜びつつ、帰路につく。

その途中。そんな立派な親分の妻に対して自分の妻のことを考えると情けなく思えてきて、家に帰ってから自分の女房にそんなこと言えるかと聞いてみると

「言ってやるから家でも建ててみろ」と痛いことを言われ、ややしょぼくれながら銭湯に行く。

その途中、友人の半七に出会い、自分ん家に行って女房に「おたくの大将は働き者ですね!!」と言ってどういう返答をするかを聞いてくるよう頼み込む。

半七はしぶしぶ家に行き、いざその台詞を言おうと八五郎の家の褒められそうなところを探すが、これがなかなかない。

そうしていると奥さんが妊娠していることに気づいたため、

「この不景気に子供こしらえるなんて、おたくの大将は働き者ですね!!」と褒めたたえると、奥さんは

「何言ってんのよ。うちの人の働きではないわよ。町内の若い衆がよってたかってこしらえてくれたようなもんよ」

 

Sponsored Link

 - 三遊亭圓楽(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目) 中村仲蔵(STEREO放送開始 第四夜)

昭和56年3月2日から始まった、落語のSTEREO放送の第四夜。 当時絶好調だっ …

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目) 浜野矩隨(はまののりゆき)

あらすじ 江戸は寛政年間、浜野矩康(のりやす)という腰元彫りの名人がいた。 その …

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目)たがや

あらすじ 花火客でごった返す川開きの両国橋を通りかかった「たがや」(桶屋)が、人 …

三遊亭圓楽enraku
■三遊亭圓楽(五代目) 花見の仇討
三遊亭圓楽enraku
■三遊亭圓楽(五代目) たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目) 長命(短命)

落語 「長命」 三遊亭圓楽 本来は「短命」という演題だが、縁起をかついで「長命」 …

談志・圓楽dansienraku
【リレー落語】 三遊亭圓楽~立川談志 【お化け長屋】
三遊亭圓楽enraku
■三遊亭圓楽(五代目) 阿武松(おうのまつ)

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目) 悋気の火の玉

Sponsored Link 花川戸に橘屋さんという鼻緒問屋があった。ご主人が堅 …

三遊亭圓楽enraku
三遊亭圓楽(五代目) 芝浜*