【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目)うどん屋

   

Sponsored Link

あらすじ

酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。
「うどん屋、悪かった、勘弁してくれ」
「いいですよ」
「勘弁してくれって頼んでいるのに勘弁出来ねぇってのか」
「分かりました、勘弁しますよ」
「ありがとうよ、うどん屋、だけどお前に勘弁してもらわなきゃならねえような悪いことを俺がやったってぇのか」
この後、仕立屋の娘の結婚式のことなど、くどくどと絡まれ、やっと別れて商売に戻る。

Sponsored Link

「ちょいとうどん屋さん」
と大きい声で呼びかけられ
「へい、何を」
「赤ん坊が寝たところだから静かにして」
でかい声はだめだ、番頭さんが内緒で店の衆に御馳走してやるってんで、ヒソヒソ声で注文するのが大口になるんだと思った矢先、ヒソヒソ声で、鍋焼きの注文。
こりゃ当たりだなと、ヒソヒソ声で
「さぁどうぞ」
女が食べ終わって、勘定のときに
「うどん屋さんも風邪ひいたのかい」

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目) 悋気の見本

あらすじ ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。 ところがこの奥さん、焼き …

三笑亭可楽(八代目)味噌蔵

  落語メモ 『味噌蔵』は。昔の商家の火事に対する用心ぶりがよく分かる …

三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目) たいこ腹

歴史的音源

★三笑亭可楽(八代目) 子別れ・序(強飯の女郎買い)

あらすじ 町内の大店のご隠居さんの弔いへ出かけた熊五郎。隠居は九十六まで生きて、 …

■三笑亭可楽(八代目)今戸焼

あらすじ 夕刻亭主が帰宅したら女房がいない。 「あの野郎。どこへ行きやがった。は …

三笑亭可楽(八代目)青菜
三笑亭可楽(八代目)甲府い

あらすじ 甲府育ちの善吉。 早くから両親をなくし、伯父夫婦に育てられたが、今年二 …

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …