【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家小さん(五代目)うどん屋

   

Sponsored Link

柳家小さん 十八番「うどん屋」。

まくらは、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが儲けが多いときがあるという振りで、うどんなんか風邪でも引かないと江戸っ子は食べなかったという出だし。

本題は、生酔いの酔っ払いがうどん屋へのからみから始まる。
知り合いの娘さんの結婚式にお呼ばれした話をうどん屋に話す。
我慢して相手をしていたうどん屋だが、この酔っ払いは、うどんを食べずに好きなことを話して、温まって去っていく。
その後、大店の奉公人から小声で呼ばれ、うどんを注文され、大量の注文を期待するも、残念ながら小さな声で呼ばれたのは、風邪のせいだった。

「うどん屋さん、あんたも風邪ひいてんのかい?」

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小さん(五代目) 頓馬の使者*

山田洋次監督作 新作落語・創作落語

■柳家小さん(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

柳家小さん(五代目) 千早振る

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

■柳家小さん(五代目) 長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

■柳家小さん(五代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

昭和41年(1966)年 柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治( …

柳家小さん(五代目)花見の仇討
柳家小さん(五代目)碁泥(碁どろ)

碁泥(ごどろ)は、落語の演目の1つ。上方では「碁打盗人」と呼ぶ。 現在は主に東京 …

柳家小さん(五代目)時そば(時蕎麦)

  あらすじ・解説 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つと …

柳家小さん(五代目)真二つ(まっぷたつ)

山田洋次監督作 新作落語・創作落語