【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/うどん屋

   

Sponsored Link

あらすじ

江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。
大勢の客に当たる晩もあれば、ちっともお客が寄りつかない晩もある。
この夜、うどんやを呼び止めたのはしたたかに酔った男。
「仕立屋の太兵衛を知っているか?」と言い出し、うどんやが知らないと答えると、問わず語りに昼間の出来事を話し出す。
友達の太兵衛のひとり娘、みい坊が祝言を挙げた。
あんなに小さかったみい坊が花嫁衣装に身を包み、立派な挨拶をしたので胸がいっぱいになった……
うどんやが相づちを打つのをいいことに、酔客は同じ話を繰り返すと、水だけ飲んでどこかに行ってしまう。
ただで水だけ飲まれたうどんや、気を取り直して再び町を流すと、今度は家の中から声が掛かるが……

解説

喬太郎も枕で触れている、五代目・柳家小さんの十八番だった。
サゲのある滑稽噺だが、客が酔いにまかせて語る「みい坊」の嫁入りの話には情感があふれ、小道具の「桜湯」なども含めてあたたかい雰囲気に包まれる。
全編を通して、江戸の夜の静寂、寒さが大事な噺でもあり、喬太郎の口演は声のトーンを調節しながら、夜の深さをよく出している。
後半、鍋焼きうどんを食べるシーンがある。
有名な「時蕎麦」には蕎麦を食べる場面があるが、比較をすると鍋焼きうどんのほうが熱さやボリューム感が濃厚。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 白日の約束

あらすじ 三十七歳になるまで、女性にまったくモテなかった男が、会社の同僚OLから …

■柳家喬太郎 夜の慣用句

落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」 夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎に …

柳家喬太郎 擬宝珠(ぎぼし)

あらすじ 若旦那が病気になって寝込んでしまった。 熊さんは親に頼まれて、病気の原 …

柳家喬太郎 巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …

■柳家喬太郎/歌う井戸の茶碗(井戸の茶碗改作)

2010年1月27日「赤坂BLITZ寄席LIVE」にて

柳家喬太郎 錦の袈裟

錦の袈裟(にしきのけさ)は落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777年)に出 …

柳家喬太郎 宗漢(そうかん)
柳家喬太郎 時そば(時蕎麦)

副題:コロッケそば

■柳家喬太郎 文七元結