【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/うどん屋

   

Sponsored Link

あらすじ

江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。
大勢の客に当たる晩もあれば、ちっともお客が寄りつかない晩もある。
この夜、うどんやを呼び止めたのはしたたかに酔った男。
「仕立屋の太兵衛を知っているか?」と言い出し、うどんやが知らないと答えると、問わず語りに昼間の出来事を話し出す。
友達の太兵衛のひとり娘、みい坊が祝言を挙げた。
あんなに小さかったみい坊が花嫁衣装に身を包み、立派な挨拶をしたので胸がいっぱいになった……
うどんやが相づちを打つのをいいことに、酔客は同じ話を繰り返すと、水だけ飲んでどこかに行ってしまう。
ただで水だけ飲まれたうどんや、気を取り直して再び町を流すと、今度は家の中から声が掛かるが……

解説

喬太郎も枕で触れている、五代目・柳家小さんの十八番だった。
サゲのある滑稽噺だが、客が酔いにまかせて語る「みい坊」の嫁入りの話には情感があふれ、小道具の「桜湯」なども含めてあたたかい雰囲気に包まれる。
全編を通して、江戸の夜の静寂、寒さが大事な噺でもあり、喬太郎の口演は声のトーンを調節しながら、夜の深さをよく出している。
後半、鍋焼きうどんを食べるシーンがある。
有名な「時蕎麦」には蕎麦を食べる場面があるが、比較をすると鍋焼きうどんのほうが熱さやボリューム感が濃厚。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎 諜報員メアリー
柳家喬太郎 冬のそなた
柳家喬太郎/宮戸川(前半・後半)

前半あらすじ 小網町に住む半七は、友人宅で将棋を指していて帰りが遅くなってしまい …

柳家喬太郎 ハワイの雪
柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

あらすじ 舞台はとある商店街。 そこで一人の男性・マモルさんがお買い物。 このマ …

柳家喬太郎/紙入れ

紙入れ(かみいれ)は、古典落語の演目の一つ。 いわゆる「艶笑落語(バレ噺)」であ …

柳家喬太郎 まんじゅうこわい(饅頭こわい)

まんじゅうこわい

■柳家喬太郎 文七元結
柳家喬太郎 赤いへや

ありとあらゆる、道楽にも倦み果てた連中たちが、赤いもうせんを敷き詰めた真っ赤な部 …