【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)植木屋娘

   

Sponsored Link

 

あらすじ

お金持ちの植木屋さん夫婦には一人娘がありました。
みつという娘は年頃を迎えていたので誰か相手を、と父親が企みます。
するとお寺の御用で家に来た奉公の伝吉さんを婿にしたらどうか、と考えます。

文字も書け計算も出来、頭も良く見てくれも良いときているので気に入ってしまったのです。
が、伝吉はいずれ五百万石の家督を継ぐものだという理由で住職から断られました。
(伝吉はお寺に奉公にきています)
けれど諦められない父親は用は無いが、と呼びつけて娘とふたりきりにさせてみてもいい雰囲気にはならずヤキモキするばかり。

それから月日が経過したある日。
お湯屋帰りの母親が焦って帰ってきます。
なんと、おみつのお腹が膨らんできている、妊娠しているんではないか、というウワサがあるというのです。

これに焦り怒った父親をなだめすかし二階に上げ、おとっつぁんはいないから本当のこと言ってごらん、とおみつから聞き出しますと、泣いて相手が伝吉さんだと告白します。

前から伝吉さんを婿に欲しかった父親は喜んで二階から駆け下りそのままお寺に駆け込み、伝吉を婿にもらいたい!と住職に頼みました。

おみつは伝吉の子を宿しているんだ、だから婿にもらいたい、てなことを言うと

「根回しが上手でんな~」

「ええ、植木屋ですから」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)義眼
■桂枝雀(二代目)阿弥陀池(新聞記事)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …

桂枝雀(二代目)馬の消えた日(干支落語シリーズ1990庚午)

■桂枝雀 馬の消えた日 原作:小佐田定雄 「干支落語シリーズ1990」 午年が明 …

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

■桂枝雀(二代目)蛇含草(そば清)

あらすじ 夏のある日。一人の男が甚平を着て友人(東京では隠居)の家に遊びに行った …

■桂枝雀(二代目)鴻池の犬

  鴻池の犬(こうのいけのいぬ)は上方落語の演目の一つ。 あらすじ 商家の軒先に …

桂枝雀(二代目)ちしゃ医者

ちしゃ医者(ちしゃいしゃ)は、上方落語の演目の一つ。 源話は噺本『太郎花』(寛政 …

桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。落語作家の小佐田定雄が197 …

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …