【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

露の五郎兵衛(二代目)浮世床

      2018/07/16

Sponsored Link


音源:昭和51年

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。
古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。
上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。
主な演者として、東京の3代目三遊亭金馬6代目三遊亭圓生などがいる。
床屋の喧騒を見事に活写した佳品である。

Sponsored Link

 - 露の五郎兵衛(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

露の五郎兵衛(二代目)人形の目

奥さんを亡くした大家の親旦那に、若旦那夫婦は後添えをもらうように勧めるが「もうそ …

■露の五郎兵衛(二代目)雪の子守唄

木綿問屋におなご衆奉公をしていたお松に、出入りの小間物屋の長次が惚れて、夫婦にな …

露の五郎兵衛(二代目)粉つぎ屋(ふんつぎや)

「粉つぎ屋」というお商売がございます。割れた陶器などを麦漆で接ぎ、金や銀で装飾を …

露の五郎兵衛(二代目)二八義太夫
露の五郎兵衛(二代目)トンボさし

捕虫網を手に持ち、虫カゴをぶら下げてトンボを追いかける。パソコンやゲーム機なんて …

露の五郎兵衛(二代目)赤貝猫
露の五郎兵衛(二代目)道鏡

大きぃといぅことになりますと、日本中で一番大きかったといぅのが弓削の道鏡といぅ、 …

■露の五郎兵衛(二代目)正本芝居噺・加賀見山

1996年04月 正本芝居話

露の五郎兵衛(二代目)義士大根

勝田新左衛門 落語仮名手本忠臣蔵

■露の五郎兵衛(二代目)本能寺

あらすじ 芝居小屋で「三日太平記」が演じられた。本能寺の変、武智光秀の主君小田春 …