【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)浮世床

   

Sponsored Link

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。
古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。

上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。
主な演者として、東京の3代目三遊亭金馬6代目三遊亭圓生などがいる。
床屋の喧騒を見事に活写した佳品である。

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)雑俳

あらすじ 長屋の八五郎が、横町の隠居の所に遊びに行くと、このごろ雑俳に凝っている …

三遊亭金馬(三代目) 随談 艶笑見聞録
三遊亭金馬(三代目)道灌

聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生(五代目)道灌

三遊亭金馬(三代目)居酒屋
三遊亭金馬(三代目)やかん(薬缶)

take1 take2 薬缶(やかん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、明和9年 …

三遊亭金馬(三代目)仙台高尾
三遊亭金馬(三代目)大師の杵(だいしのきね)

空海上人23歳の時、武蔵の国・橘郡(たちばなごおり)平間村、今の神奈川県川崎に来 …

三遊亭金馬(三代目) 真田小僧

真田小僧(上・下) 親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話を …

三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目) 転宅

転宅(てんたく)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天明8年(1703年)に出版さ …