【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)浮世床

   

Sponsored Link

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。
古くからある小咄を集めて、一席の落語にしたオムニバス形式の落語である。

上方からは初代柳家小せんが東京に移植した。
主な演者として、東京の3代目三遊亭金馬6代目三遊亭圓生などがいる。
床屋の喧騒を見事に活写した佳品である。

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目) 三軒長屋(上・下)

あらすじ 三軒長屋の両端に鳶のカシラと剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んで …

三遊亭金馬(三代目) 按摩小僧(あんま小僧)
三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目) 近江八景

近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永10年(178 …

三遊亭金馬(三代目) 初夢
三遊亭金馬(三代目)小言念仏

小言念仏(こごとねんぶつ)は落語の噺の一つ。 ストーリーのない、形態模写の要素が …

三遊亭金馬(三代目) 随談 艶笑見聞録
三遊亭金馬(三代目)垂乳女(たらちね)

あらすじ 独り者の八五郎のところに、大家の世話で、言葉の丁寧すぎるお嫁さんが来る …

三遊亭金馬(三代目)  歳暮回し

 

三遊亭金馬(三代目)寄合酒(寄り合い酒)

あらすじ 特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。 銭を集めて肴を買おうとしたが、 …