【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭今輔(五代目)馬の田楽

   

Sponsored Link

頼まれた味噌の荷をウマに積んで三州屋という酒屋に来た男、いくら呼んでも誰も出て来ないので、ウマを道端につないで待っているうち、居眠りをしてしまう。
目をさますと店の者がいるので、味噌を持ってきたというとうちでは頼まない。裏町の三河屋のまちがいだといわれ、出かけようとするとウマがいない。そばで遊んでいた子供がいたずらをしたので、ウマがおどろいてかけだしてしまったのだ。
男はあわててウマをさがしていき、道を人にたずねるが、つんぼのおばあさんだったり、よけいなことを長々としゃべったあげくウマは知らないという男や、どもりの男にぶつかったり、さっぱりゆくえがわからない。

知り合いの虎十郎がむこうから来たので「味噌つけたウマ知らねえか」ときくと、したたか酔っている虎十郎

「味噌つけたウマだあ。はっはっは、おらあこの年になるまでウマの田楽は食ったことがねえだ」

Sponsored Link

 - 古今亭今輔 (五代目), 未整理

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭今輔 (五代目)薮入り

『藪入り』(やぶいり)は古典落語の演目のひとつ。もとは「お釜さま」という、衆道を …

古今亭今輔 (五代目)死神

『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。 ヨーロッパの死神説話を三遊亭圓朝が …

■古今亭今輔(五代目)もう半分

「もう半分」(もうはんぶん)は、落語の演目の一つで怪談話。別名「五勺酒」。 主な …

古今亭今輔 (五代目) ねぎまの殿様

三太夫を連れて向島の雪見にお忍びで出掛けた。本郷三丁目から筑波おろしの北風の中、 …

古今亭今輔 (五代目) 成田土産(成田の土産)

明日から七日間の成田参りに出かける夫が、女房に暇乞いの交わりをしたいので、しきり …

桂文治(十代目)反対俥(はんたいぐるま)

「反対俥」(はんたいぐるま)は古典落語の演目の一つ。 上方では「いらち俥」という …

八代目 橘家圓蔵(月の家圓鏡)反対俥(はんたいぐるま)

音源:1975年(昭和50年)9月

古今亭今輔 (五代目) 囃子長屋

ころは、明治。 本所林町のある長屋、大家が祭り囃子マニアなので、人呼んで「囃子長 …

古今亭今輔 (五代目) 印鑑証明(お役所風景)

有崎勉作(柳家金語楼)新作落語

古今亭今輔 (五代目)お婆さん三代姿

おばあさん三代姿:あらすじ はじめの舞台は明治の頃。電車や洋食といった西洋文化が …