【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/馬の田楽(うまのでんがく)

   

Sponsored Link

あらすじ

頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋という酒屋に来た男。
いくら呼んでも誰も出て来ないので、馬を道端につないで待っているうち、居眠りをしてしまう。
目をさますと店の者がいるので、味噌を持ってきたというとうちでは頼まない。
裏町の三河屋のまちがいだといわれ、出かけようとすると馬がいない。
そばで遊んでいた子供がいたずらをしたので、馬がおどろいてかけだしてしまったのだ。

男はあわてて馬をさがしていき、道を人にたずねるが、つんぼのおばあさんだったり、よけいなことを長々としゃべったあげく馬は知らないという男や、どもりの男にぶつかったり、さっぱりゆくえがわからない。
知り合いの虎十郎がむこうから来たので「味噌つけた馬知らねえか」ときくと、
したたか酔っている虎十郎

「味噌つけた馬だあ?はっはっは、おらあ、この歳になるまで馬の田楽は食ったことがねえだ」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 嘘つき二代(南極探検・弥次郎合作)

  春風亭柳昇(五代目)から『南極探検』を教わり、『弥次郎』の息子が『 …

立川談志 付き馬

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …

★立川談志 子別れ(上・中)
立川談志 山崎屋

あらすじ 若旦那・徳さんが番頭に三十両貸してくれと借金の申し込みをしたが頭から断 …

立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

立川談志 五貫裁き

神田の三河町に家主の多呂兵衛、借家人の半端者の八公が住んでいた。 この八公が人生 …

立川談志 初音の鼓

あらすじ 骨董好きの殿さまのところに、出入りの道具屋・金兵衛が怪しげな鼓を売り込 …

■立川談志 紺屋高尾

あらすじ 神田紺屋町、染物屋の吉兵衛さんの職人で久蔵さんが寝付いてしまった。 話 …

立川談志 ぞろぞろ(1969年)

7代目(ただし自称5代目)立川 談志(1936年〈昭和11年〉1月2日 &#82 …

■立川談志/お化け長屋

1985年 東陽町・寄席若竹にて