【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)恨み酒

      2019/05/31

Sponsored Link

あらすじ

開店前の飲み屋に入って来た男、
「何年も前に来たが、酒も肴もおいしかったなあと思い出して来たんやが、駄目ですか」
そう聞いて、店の方でも酒を出す。
男は一人で色々話をしながら飲み始める。突き出しにイカの塩辛が出ると、
「あ、この味で思い出した。10年前に来たんや。その時も塩辛が出た。いい味で……あんたが発明した……え、お父さんが考えた。お父さんの発明した物を、子供が受け継ぐ。天国のお父さんも喜んでいるよ……え、生きてる……よろしく言ってくださいね」
最初は冗談ばかり話しているが、時々、
「いい店だが、嫌なこともあったな……」 と言う。
主人が聞きとがめて、何かあったかと尋ねると、10年前に来た時、さて支払いと言うときになってお金がないと言うと、若い男がゴミ捨て場に突き倒された。
「いや、10年前に使っていた若い衆は、3年前にやめまして」
「何を言うとんね。そこで小芋むいてる兄ちゃんや……ほら、今奥入ったが……」
「こ、これは……私からきつく叱っておきますので、どうかご勘弁を」
「その後女御衆さんが来て洗い桶の水を頭からかぶせよった」
「10年前に使っていた女は3年前にやめまして」
「何を言うとんね。今までお酒運んでいた人や」
「あ、主の私からきつく叱っておきますので……」
「更に主人が出て来て、高下駄でカーンと頭を叩いた」
「あ、あの時の主人には、主の私から……」
「おやっさん、おやっさん、冗談や、冗談」
「冗談ですか」
「そや、最初から冗談ばかり言うとるやろ」
「びっくりいたしました」
「10年前にそんな事はなかったんやけどな、実は今日、わし財布持ってませんのや」
「ええっ、冗談でしょ」
「冗談やない。そやから、今からそんな目にあわせてもらいたいのや」

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■桂枝雀(二代目)山のあなた

あらすじ 毎日同じことの繰り返しで、朝目が覚めるなり、嫁さんにぎゃあぎゃあ言われ …

■桂枝雀(二代目)舟弁慶(船弁慶)

あらすじ ある日、喜六が家でぼんやりと留守番をしていると、友人の清八が「涼みがて …

桂枝雀(二代目)崇徳院

  『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後 …

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

桂枝雀(二代目)うなぎや

あらすじ 新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともでき …

■桂枝雀(二代目)牛の丸薬

大和炬燵(こたつ=土製の小型の四角いあんか)の古くなったのをいじっているうちに、 …

桂枝雀(二代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

■桂枝雀(二代目くしゃみ講釈(くっしゃみ講釈)

あらすじ 講釈師にあることで恨みを持った男が、相棒と相談してこの講釈師を困らせて …

桂枝雀(二代目)夏の医者

「夏の医者」(なつのいしゃ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、明和2年(176 …

■桂枝雀(二代目)軒づけ

あらすじ 根っからの浄瑠璃好きな男が、浚いの会で「忠臣蔵」の四段目を語ったが大失 …