【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭百生(二代目)宿替え(粗忽の釘)

   

Sponsored Link

『宿替え』(やどがえ)は、上方落語の演目の一つ。江戸落語では『粗忽の釘』(そこつのくぎ)の名で演じられている。
長屋の慌てものが引越しをする際のドタバタを描いた作品で、全て演じ通せば長時間のネタとなるが、途中を省略、もしくは打ち切って時間調整をすることが可能な演目である。
上方では初代桂春團治、2代目三遊亭百生2代目桂枝雀、5代目桂文枝などが、東京では6代目春風亭柳橋、5代目柳家小さんが得意とした。原話は1816年の初代都喜蝶の「噺栗毛」の中の『田舎の粋』。

Sponsored Link

 - 三遊亭百生(二代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭百生(二代目)豊竹屋
三遊亭百生(二代目) 代書屋
三遊亭百生(二代目)景清

プロフィール 2代目三遊亭 百生(1895年10月3日 – 1964 …

三遊亭百生(二代目)黄金の大黒(きんのだいこく)
三遊亭百生(二代目) 天王寺詣り

天王寺詣り(てんのうじまいり)は上方落語の演目の一つ。 笑福亭一門のお家芸の一つ …

三遊亭百生(二代目)くしゃみ講釈

もとは上方落語の演目で、上方では伝統的にはくっしゃみ講釈(くっしゃみこうしゃく) …

三遊亭百生(二代目) 崇徳院

恋患い~この病気から噺が始まる。 熊さんの出入りの大店の若旦那が病気になり、小さ …

三遊亭百生(二代目)舟弁慶(船弁慶)
三遊亭百生(二代目)田楽喰い(ん廻し)

田楽喰い(でんがくぐい)は、寄合酒(よりあいざけ)の後半として独立して演じられる …

三遊亭百生(二代目) 明石名所