【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

露の五郎兵衛(二代目)宿屋かか(宿屋嬶)

      2018/07/16

Sponsored Link

宿屋嬶(やどやかか)は上方落語の演目の一つ。艶笑噺(ばれネタ)に属する。

あらすじ

宿屋の贔屓の客が「あんたとこの嫁はん一晩貸して呉れ。」と主人に頼み込む。
とてつもない願に主人は驚き「…そら、いつもお世話になってはる旦那さんのことでっさかい、嫌とは言えまへんけど。」と言うものの、うちの女房は見ての通りのご面相で、とても美人とは言えないのに「自分の女房をこう言うのも変でっけど、何でまた、あないなお多福をほしがりますねん。」と不審がる。

でも、たっての頼みに「そんなら一晩お貸ししたします。」と主人の了解を得て、客は女房と同衾する。
次の日もまた次の日も女房を貸してくれと客が頼むので、主人も流石に「もし、ええかげんにしとくなはれ。」と憤慨し「なんで、そないにうちのやつを抱きたがりますねん。」と重ねて訊くと、客も「それがな。事をしてるときのお前はんの女房の声がたまらんのや。わいも一度声を上げさせて泣かしたいんやけど、この前もさらにこの前もしても泣きよらんねん。」と告白する。
「へえ。そしたらあの泣き声でっか。」
「そうや。」

「あれ、わたいでんねん。」

概要

筋の運びからサゲに至るまで、フランス小噺のような粋な出来である。古くから伝わるばれネタで、かつては「宿屋陰門」という題であったが、刺激が強すぎるので、橘ノ圓都によって現行の題に改められた。
放送ではオンエアできないが、速記やレコード、テープ、などで聞くことができる。
艶笑噺は、濃厚な内容でも演者の腕しだいで優れた作品に生まれ変われるが、この演目も、機知に富んだ内容でありどのよう巧く演じられるかは演者の腕の見せ所である。
初代森乃福郎、2代目露の五郎兵衛の得意ネタでもある。

Sponsored Link

 - 露の五郎兵衛(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

露の五郎兵衛(二代目)女護ヶ島(にょごがしま)
露の五郎兵衛(二代目)蟹と行者
露の五郎兵衛(二代目)道鏡

大きぃといぅことになりますと、日本中で一番大きかったといぅのが弓削の道鏡といぅ、 …

露の五郎兵衛(二代目)提灯屋

提灯屋(ちょうちんや)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、3代目三遊 …

露の五郎兵衛(二代目)いいえ(佐野川市松・嵐民弥/尾上多美江・多美江尻)

普通の高座ではまずかけられることがない、お座敷とか特別な会などでしか聴くことの出 …

露の五郎兵衛(二代目)プロフィール

プロフィール 2代目 露の五郎兵衛(2だいめ つゆの ごろべえ、1932年3月5 …

■露の五郎兵衛(二代目)正本芝居噺・加賀見山

1996年04月 正本芝居話

露の五郎兵衛(二代目)お好み吸い物

「お好み吸物」という看板が出て、どんな吸物でも作りますと宣伝している。 侍夫婦と …

露の五郎兵衛(二代目)初天神

露の五郎兵衛(二代目)初天神

露の五郎兵衛(二代目)村芝居