【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志/宿屋の仇討

      2021/12/18

Sponsored Link

)

あらすじ

宿に泊まった三人組が、飲めや歌えで騒いでいると、隣の侍が若いしの伊八を呼びつけ静かにするように命じる。
いったんは静まるが、すぐに寝床の中で相撲をとって騒ぐ。

再び、伊八が呼ばれる。三人は寝床で静かに話をすることにする。
源兵衛は、以前、侍の女房とデキてしまい、侍の女房と弟を斬り、三百両を盗んで今に至ると話す。源兵衛は色事師、色事師は源兵衛と残る二人が騒ぐ。
伊八が再び呼ばれ、隣の源兵衛は女房と弟の敵で、明日まで逃がすなと命じられる。

実はこの話、小料理屋で他の男がひけらかしていたのを源兵衛がそのままいただいたというがもう遅い。
三人と宿屋中が生きた心地しない。翌朝、侍はそのまま立とうとするので、仇の一件はと聞くと
「あれは座興だ」

「何でそんなくだらないことをおっしゃったんで。」

「あのくらいに申しておかんと拙者のほうがよっぴて寝られん」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志/笑い茸・胡椒のくしゃみ
立川談志/木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …

立川談志/宮戸川(お花半七馴れ初め)

 

★立川談志/馬の田楽(うまのでんがく)

1968年(昭和43年)4月:録音 あらすじ 頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋 …

★立川談志/よかちょろ

あらすじ 若だんなの道楽がひどく、一昨日集金行ったきり戻らないので、旦那はカンカ …

★立川談志/十徳

あらすじ 御隠居が着ている服の名前は十徳だと教えて貰った。 その名の由来を聞くと …

立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

立川談志/天災

天災(てんさい)は、古典落語の演目の一つ。 上方・江戸双方で口演されており、基本 …

立川談志/夢金

金のことばかり考えている船頭の熊蔵。雪のしんしんと降る晩、船宿の二階で「金が欲し …

■立川談志/勘定板

ハバカリの無い村があった。山奥のまたその山の向こうに海岸が有って、ま、不思議な所 …