【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)弥次郎

   

Sponsored Link

『弥次郎』(やじろう)は落語の演目の一つ。
原話は、安永2年(1773年)に刊行された『口拍子』の一遍である「角力取」。

このほかにも多数の小噺を組み合わせて、一本の作品とした。
3代目三遊亭金馬、6代目三遊亭圓生、5代目三遊亭圓楽など多くの落語家が得意としている。

 

南極探検

5代目春風亭柳昇はこの落語を改作して、『南極探検』というタイトルで演じていた。
これは『弥次郎』を現代に置き換えた内容で、7代目立川談志は「『弥次郎』よりこっちのほうがおもしれえや」と話していた。
談志自らも何度か口演したことがあるが、演じるにあたり柳昇から正式な承諾は得ていなかったようで、生前、柳昇は「ずるいんだよ、談志さんは。『兄さん、あのネタやっていいよね!』って自分で言って、高座でやってんだからねぇ」とぼやいていたとのこと。

5代目春風亭柳昇『南極探検』

⇒ 立川談志 嘘つき二代
※春風亭柳昇(五代目)から『南極探検』を教わり、『弥次郎』の息子が『南極探検』の主人公という設定にして、『弥次郎』と『南極探検』をつなげた噺。

 

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)金明竹

金明竹(きんめいちく)は古典落語の演目の一つ。 骨董屋を舞台としたドタバタなやり …

三遊亭金馬(三代目) 二十四孝(にじゅうしこう)*

あらすじ 江戸のとある町に住む男(八五郎)は、たいへんな大酒飲みで、また同居して …

三遊亭金馬(三代目)艶笑小噺総まくり
三遊亭金馬(三代目)寄合酒(寄り合い酒)

あらすじ 特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。 銭を集めて肴を買おうとしたが、 …

三遊亭金馬(三代目)艶笑江戸小噺
三遊亭金馬(三代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭金馬(三代目)夏泥(置泥)

ある夏の夜、路地裏の貧乏長屋にコソ泥が侵入。 目をつけたのは、蚊燻しを焚きっ放し …

三遊亭金馬(三代目)転失気(てんしき)

体調のすぐれない和尚が診察に訪れた医者から「てんしき」があるかないかを聞かれる。 …

三遊亭金馬(三代目) 片棒

片棒(かたぼう)は古典落語の演目の一つ。 原話は宝永2年(1705年)に出版され …

三遊亭金馬(三代目) 真田小僧

真田小僧(上・下) 親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話を …