【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)やかん(薬缶)

   

Sponsored Link


take1


take2

薬缶(やかん)は古典落語の演目の一つ。
原話は、明和9年(1772年)に刊行された『鹿の子餅』の一遍である「薬罐」。
主な演者には、初代三遊亭圓遊、3代目三遊亭金馬などがいる。
とくに金馬は演者自身見事な薬缶頭だったこともあり、多くの人に親しまれた。

参考
 ⇒ 三遊亭圓生(六代目)無学者

あらすじ

岩田の隠居がお茶を飲んでいると、そこへ八五郎がやってくる。
「おぉ、現れたなグシャ」
「へぇ」
「マァ、上がれグシャ。お茶でもどうだグシャ」
「な、何ですか、その『グシャ・グシャ』っていうのは。ぬかるみを歩いているんじゃ無いんですから」
「あぁ、グシャとは愚か者の事だ、愚者」
「愚か者…そうですか。おれぁそんな事とは気づかず返事しちゃった」
カチンとなった八五郎。如何してやろうかと考え込み、あるアイディアが…。
「隠居は、何でも知っているんですねぇ」
「その通りだ。森羅万象・神社仏閣、この世に知らぬものは無い」
「そうですか。じゃあ聞きますがね…」
のっぴきらない状況に追い込み、八五郎の逆襲が始まった。
いろいろ根問い[編集]
まずは、お魚の由来で小手調べ。
「じゃあ、魚の名前なんかどうです? まずは『マグロ』」
「真っ黒だからマクロだ」
「『コチ』は?」
「こっちへ泳いでくるからコチだ」
「向こうへ行く事もあるでしょ?」
「お前が向こうに回ればコチになる」
「じゃあ、『平目』は?」
「平たいところに目が付いてるからヒラメだ」
「詰まんない事聞いちゃったな。じゃあ『鰈』は? カレーライスなんて言ったら怒りますよ?」
「うーん、あれはヒラメの家来で、家令をしている」
「『鰻』は?」
「昔はヌルヌルしていたのでヌルといった。あるとき鵜がヌルをのみ込んで、大きいので全部のめず四苦八苦」
「へぇ」
「鵜が難儀したから、鵜、難儀、鵜、難儀、鵜難儀でウナギだ」
「ウーン…。じゃあ、『鰯』は?」
「イワシは『下魚』といわれるが、あれで魚仲間ではなかなか勢力がある。だから鰯が魚たちの名付け親になったんだ」
「ですから、その鰯自身は誰が名づけたんですか?」
「うー。ほかの魚が名をもらった礼に来て、「ところであなたの名は?」と尋ねられて「わしのことは、どうでも言わっし」と答えた。これでイワシだ」
「では、次は日用品ではどうでしょうか? まず『土瓶』」
「土でこさえた瓶だから土瓶。鉄で作れば鉄瓶だ」
「『茶碗』は?」
「置くとちゃわんと動かないから茶碗だ」
「手ごわいな。じゃあ『薬缶』は?」
「や(矢)で出来て…いないか」 隠居はダンマリ。八五郎はニマニマ…。
薬缶の講釈[編集]
「答えてやろう。昔は…」
「ノロと言いました?」
「いや、これは『水わかし』といった」
「それをいうなら『湯わかし』でしょ」
「水を沸かして、初めて湯になるのではないのか?」
「はあ、それで、なぜ水わかしがやかんになったんで?」
「これには物語がある」
川中島の合戦で、片方が夜討ちをかけた。
かけられた方は不意をつかれて大混乱。
ある若武者が自分の兜をかぶろうと、枕元を見たが何故かない。
あるのは水わかしだけ。そこで湯を捨て、兜の代わりにかぶった。
この若武者が強く、敵の直中に突っ込む。
敵が一斉に矢を放つと、水わかしに当たってカーンという音。
「矢があたって…」
「矢が当たってカーン…だから薬缶か」
「その通りだ」
「でも、蓋が邪魔になりませんか?」
「ボッチをくわえて面の代わりだ」
「つるは?」
「顎へかけて緒の代わり」
「じゃあ薬缶の口…」
「昔の合戦には『名乗り』があった。聞こえないと困るから、穴があったほうが好都合だ」
「あれ、かぶったら下を向きます。上を向かなきゃ聞こえない」
「その日は大雨。上を向いたら、雨が入ってきて中耳炎になる」
「耳なら両方ありそうなもんだ」
「ない方は、枕をつけて寝る方だ」

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 二人癖(二人ぐせ)

ににんぐせ 一方はどんな話をしていてもすぐ「つまらねぇ」と言いだす男。もう一方の …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)雛鍔(ひなつば)

雛鍔(ひなつば)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享保18年(1733年)に出版 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)万病円(まんびょうえん)

1961.3.1音源 侍が湯船で褌を洗っていると、客から番台に苦情があがる。 侍 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。 原 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 池田大助(佐々木政談)

あらすじ 大岡越前守が、田舎侍に扮して、護衛を一人つけて、江戸市中を見回って歩い …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) てれすこ

てれすことは、落語の演目の一つで、そのストーリーに登場する架空の生物の種名。魚類 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
■三遊亭金馬(三代目) 薮入り

藪入り かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 初夢

Sponsored Link (落語メモ) 青空や 富士は日本の 立烏帽子 凧揚 …

三遊亭金馬(三代目) kinba
三遊亭金馬(三代目) 三軒長屋(上・下)

あらすじ 三軒長屋の両端に鳶のカシラと剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んで …