【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)山崎屋

      2020/12/14

Sponsored Link

山崎屋の若旦那が、通い番頭に、帳簿をごまかして百両貸してくれと頼むが、転んだら石橋の方が痛がるほど固い私がそんなことをする訳がないと突っぱねる。
若旦那が、番頭の隠し女の件をつっ突くと観念した。
若旦那の目的が、惚れた花魁と一緒になることだと見抜き、番頭が秘策を提案する。

Sponsored Link

まず花魁を身受けして頭に預けて行儀や裁縫を仕込んでもらう。
半年後、若旦那が番頭の名代で店の売上を回収し、その二百両の財布を頭に渡して、大旦那には落としたと嘘をつく。

大旦那が怒っている所へ頭が財布を拾ったと届け出て、お礼を言う間もなく帰ってしまう。
大旦那が頭の家にお礼に行くと、美人娘がお茶をいれてくれる。

持参金付きの花嫁修業中だと紹介して、大旦那に世話を頼み、息子の嫁にと言わせる筋書きだ。
実際にやってみると、見事にはまり、息子が断ったら私がもらうとまで気に入って、若旦那は目出度く祝言をあげることが出来た。

※『落語400文字ストーリー』より引用
http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)お血脈(おけちみゃく)

『お血脈』は、釈迦牟尼仏から発し、阿弥陀如来から良忍により確立された融通念仏の継 …

三遊亭金馬(三代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

三遊亭金馬(三代目)蔵前駕籠(くらまえかご)

蔵前駕籠(くらまえかご)は古典落語の演目の一つ。 原話は、「今昔物語」第二十八刊 …

三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目)寄合酒(寄り合い酒)

あらすじ 特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。 銭を集めて肴を買おうとしたが、 …

三遊亭金馬(三代目)目黒のさんま

あらすじ 秋の遠乗りで、中目黒に出掛けた大名が、百姓家から立ち上る煙に、あの匂い …

【お化け長屋】三遊亭金馬~古今亭志ん生【リレー落語】
三遊亭金馬(三代目)歳暮回し(歳暮廻し)
三遊亭金馬(三代目)誉れの幇間(死神改作ハッピーエンドVer.)

1959年(昭和34年)録音 『死神』(しにがみ)は古典落語の演目の一つ。 幕末 …

三遊亭金馬(三代目)三軒長屋(上・下)

あらすじ 三軒長屋の両端に鳶のカシラと剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んで …