【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小三治(十代目) 夜叉

      2015/10/30

Sponsored Link


滅多に聴けない貴重な音源です

昭和55年9月10日、NHKのスタジオで録音された音源です。なんとも意味深な下げ­になっていますが、その後、小三治師匠がこの噺を口座にかけた事は聞いてませんし、他­の噺家さんが取り上げたことも聞いておりません。

[出典:https://www.youtube.com/user/HIROSHIOGURA]

Sponsored Link

中国を舞台とした怪談話です。私の知る限り、今日紹介する音源が唯一のものと思われます。
 夜叉は一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われるが、鬼神の総称としては他にアアスラという言葉も使用されている(仏教においては、アスラ=阿修羅は総称ではなく固有の鬼神として登場)。夜叉には男と女があり、男はヤクシャ(Yaksa)、女はヤクシーもしくはヤクシニー(Yaksni)と呼ばれる。この噺では女の夜叉が登場します。
この噺は、どういう由来かはわかりませんが、あるいは小三治師匠のために書き下ろされたものかもしれません。
昭和55年9月10日にNHKで観客無しのスタジオ録音されて放送されたものが、この作品です。中国を舞台にしていることと、なぜか、妙に現代の日本のマスコミを扱っている当たりが不思議な印象を与えます。

[出典:http://blogs.yahoo.co.jp/cavan_club1954/62428457.html]

Sponsored Link

 - 柳家小三治(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小三治(十代目) 蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。元々、『五段目』という長編落語 …

■柳家小三治(十代目) 三軒長屋
柳家小三治(十代目)道具屋

あらすじ 神田三河町の大家・杢兵衛の甥の与太郎。 三十六にもなるが頭は少し鯉のぼ …

柳家小三治(十代目) かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

■柳家小三治(十代目)金明竹(きんめいちく)

あらすじ 店番をしていた小僧が知らない人に傘を貸したので主が注意をする。 貸し傘 …

柳家小三治(十代目)死神
■柳家小三治(十代目)ろくろ首(ろくろっ首)

あらすじ 与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお …

柳家小三治(十代目)宗論

宗論(しゅうろん)は、古典落語の演目の一つ。大正期に益田太郎冠者によって作られた …

■柳家小三治(十代目) 長者番付(うんつく酒)

あらすじ 江戸から遊山旅に出た二人連れ、村の茶店で飲んだ酒が、村を出ると酔いが醒 …

柳家小三治(十代目) 付き馬(NHK STEREO放送 第一夜)

NHK STEREO放送 第一夜 今では、当たり前になっている落語のステレオ放送 …