【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)寄合酒(寄り合い酒)

   

Sponsored Link

あらすじ

特級酒を二本貰ったからみんなで飲もう。
銭を集めて肴を買おうとしたが、全員一文なし。何か一品持ち寄ろうということにした。
乾物屋の目をごまかして数の子、乾物屋の子どもを騙して鰹節、魚屋に嘘をついて鯛など、集めてきたものはどれもこれも、騙して取って来たものばかり。訳を言って後で払うことにして、調理にかかった。
普段やったことがない連中なので、火種を入れずに七輪を扇いで火が起きねぇと騒ぎ、数の子を煮てしまうし、鰹節の煮出しは捨ててしまうし、山芋を糠漬けにするなど、目茶苦茶。挙句の果てに、まとわりつく犬に一番の目玉だった鯛を丸ごと食わせちまう始末で、もう何も残っていない。
仕方なく、味噌を摺りこんでヌタを作って、いよいよ飲むことになり、お燗番を呼ぶと、一人で飲み始めており、もうベロベロに酔っ払っている。
「二升じゃ足りねぇ、もっと持って来い」

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)佃祭(つくだまつり)

佃祭(つくだまつり)は、落語の演目の一つ。 住吉神社の夏の祭礼で賑わう佃島を舞台 …

三遊亭金馬(三代目)高野違い
三遊亭金馬(三代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

三遊亭金馬(三代目)雛鍔(ひなつば)

雛鍔(ひなつば)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享保18年(1733年)に出版 …

三遊亭金馬(三代目)狂歌家主

狂歌家主は、掛取万歳(かけとりまんざい)の一部。 ※上方落語では天下一浮かれの掛 …

三遊亭金馬(三代目)居酒屋
三遊亭金馬(三代目)相撲放送
三遊亭金馬(三代目)たがや
三遊亭金馬(三代目) 山崎屋

山崎屋の若旦那が、通い番頭に、帳簿をごまかして百両貸してくれと頼むが、転んだら石 …

三遊亭金馬(三代目) 錦の袈裟

あらすじ 町内の若者たちが吉原へ遊びに行くについて相談をした。 「質屋に何枚か質 …