【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳昇(五代目)与太郎戦記

   

Sponsored Link

あらすじ
第二次大戦中。

のちに春風亭柳昇となる秋本安雄青年が噺の主人公である。

陸軍に招集され歩兵第101連隊に配属された秋本は内地勤務を経て中国へ出征することになった。

中国での仕事は船舶警護。

陸軍育ちであるにもかかわらず、輸送船に乗船し、敵機を発見したら攻撃するという任務を仰せつかる。

しかも伍長に昇進したので責任が重い。

船に乗った秋本は海のことなどまったくわからないのに、平然とした振る舞いで周囲を安心させようとする。

上海沖を航行中、上空に豆粒ほどの飛行機が見えた。

「敵か、味方か?」

双眼鏡で見てもわからないのが、とりあえず「友軍だ」と言い、撃たないように指示を出す。

近くに来ると機体に日の丸。

「いやぁ、さすがに専門家は違う」と乗り合わせた人々が感心。

つぎに水平線に船が見えたときも、カンで「友軍だ」と断言。

接近すると確かに日本の船。

周りの人々はまたまた感心し、秋本はますます評判をあげるが、良いことばかりは続かず……

Sponsored Link

解説
柳昇が噺家になる以前、中国へ出征中の出来事を噺に仕立てた一席である。

輸送船に乗船したことも、魚雷攻撃をうけたことも事実。

実体験をモチーフにした特別な新作落語である。

柳昇は落語をやるとき、両手を膝に置いて、ほとんど仕草をしなかった。

これは戦争中、機銃掃射に遭い、手の指を数本失っていたため、観客にそれを気づかれぬよう、仕草を最小限にしていたためである。

「与太郎戦記」では敵機から空襲を受け、大けがをした体験も率直に語られている。

柳昇のとぼけた口調で明るく噺を進めているが、その内容は重い。

寝起きを供にしていた上官が、機銃掃射に合い、内臓を見せてすぐに死んでしまう。

魚雷にやられた輸送船の救助にあたったが、ほとんどの乗員は水死。

水平線に浮かんでいる人間を「一人を助けるために戻れない」と見殺しにしようとする……

生と死が隣り合わせになった状況の中で、秋本青年は人生の儚さ、社会の不条理さを学んだに違いない。

どんなこともドライな視点で突き放し、笑いに転化してしまう柳昇落語の秘密をこの噺では垣間見ることが出来る。

終戦後七十年以上が経過し、戦争の体験を語る人も少なくなった。

その意味でも貴重な一席。

Sponsored Link

 - 春風亭柳昇(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

春風亭柳昇ryusyo
■春風亭柳昇(五代目)課長の犬

わたくしは、春風亭柳昇といいまして、大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇と …

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目)お茶漬け(茶漬間男)

『二階借り』は、落語の演目。艶笑物。『茶漬間男』『二階の間男』という題のときもあ …

春風亭柳昇ryusyo
■春風亭柳昇(五代目) トロンボーンを吹く貴重な映像

灘康次とモダンカンカン with 春風亭柳昇 03:30より登場 Sponsor …

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目) 義理固い男

春風亭柳昇(五代目) 義理堅い男 Sponsored Link 高速道路建設に反 …

春風亭柳昇ryusyo
■春風亭柳昇(五代目) カラオケ病院

「カラオケ病院」は、5代目春風亭柳昇による新作落語の演目。柳昇作の新作では代表格 …

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目) すき焼き兄妹

春風亭柳昇 すき焼き兄妹 Sponsored Link 妹の息子が大学へ進学した …

春風亭柳昇ryusyo
■春風亭柳昇(五代目) 雑俳(ざっぱい)

えー今日は朝からあいにくの水曜日でございますが(笑) よくいらっしゃいまして、わ …

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目) 扇風機

Sponsored Link

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目)結婚式風景

ある結婚披露宴の風景。 はじめにスピーチに立った仲人さんは 「新郎の経歴は……あ …

春風亭柳昇ryusyo
春風亭柳昇(五代目)南極探検(弥次郎改作)

わたくしは、春風亭柳昇といいまして、大きなことを言うようですが、今や春風亭柳昇と …