【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

【漫才】すてきな友情【リーガル千太・万吉】

   

Sponsored Link

1933年録音・歴史的音源

プロフィール

2人共に柳家金語楼一座に属する落語家であった(千太のみ金語楼の弟子でなおかつ金語楼とは同い年)。落語時代の二人の音源は、「ご存知古今東西落語紳士録」に残っている。

結成のきっかけには二説ある。

金語楼は吉本興業の芸人であり、上方・吉本のしゃべくり漫才、横山エンタツ・花菱アチャコの成功を間近で見た。それに触発され、試しにこの2人に高座で掛け合いを演じさせて漫才コンビに仕立てたという説。
そして、2人の雑談を面白がった日本コロムビアのディレクターが漫才転向を薦めたという説がある。

1934年(昭和9年)に正式に漫才コンビ結成、日本コロムビアの廉価レーベルであるリーガルレコード(英語版)の専属になり、リーガルの屋号を名乗る。
戦時中は敵性語の使用禁止で柳家千太・万吉に暫時改名した。

レコードは売れに売れ、別名義で他社から発売した分も含め吹き込んだSP盤は200枚に達し、東京漫才界の最高を記録。戦後はラジオにも活躍の場を広げ、『やきとり』『ぺり住まい』等の演目を十八番とした。
サラリーマン同士の会話のような淡々とした掛け合いを基調とする芸風で、共に落語家出身らしい間と口調は今なお高い評価を得ている。

2008年10月29日、東京漫才を顕彰する“東京漫才の殿堂”への殿堂入りが漫才協会によって発表された。

メンバー

■リーガル 千太(リーガル せんた、1901年7月2日 – 1980年5月10日)東京都出身、本名:富田 寿(とみた ひさし)
13歳で早稲田の本屋に奉公、年季明け直後にトラブルで今度は別の古本屋に勤める、のちに古本屋が繁盛し社員になる。その頃に寄席通いが長じて1926年9月に柳家金語楼に入門、前座名柳家金洲。1930年に日本芸術協会設立で師匠と行動を共にし、柳家緑朗(緑郎とも)に改名。
万吉の単独引退に伴い、ピンで漫談をしたり、大江笙子と組んで漫才を再開したりした後、1969年頃に芸能界を引退し、落語協会事務員に転向した。
晩年は、東宝演芸場のモギリなども行っていたようだが、自分の弟子である春日三球・照代の真打ち披露興行には列席した。

■リーガル 万吉(リーガル まんきち、1894年12月12日 – 1967年7月30日)東京都出身、本名:寄木 昇(よりき のぼる)
明治の末頃から2代目談洲楼燕枝の門で柳亭雀枝、1918年5月に3代目柳家小さんの門で柳家小団治、1925年5月に桂やまとを経て、同年10月に柳家金語楼の門で柳家語楼を名乗った。落語家の前座時代は端唄や問答などを得意とした。

漫才研究会(社団法人漫才協会の前身)会長を務めたが、病気のため1962年10月6日に日比谷公会堂で引退興行し、ひっそりと余生を送った。

【受賞】
1960年(昭和35年)文部省芸術祭奨励賞受賞『やきとり』
【映画】
カミナリお転婆娘(1961年、日活)
音楽二十の扉(1948年、大映)

Sponsored Link

 - 漫才 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【漫才】横山エンタツ・花菱アチャコ【僕の家庭】

1933年録音・歴史的音源

【漫才】 一輪亭花蝶・三遊亭川柳 金の世の中

1936年・歴史的音源

【漫才】京洛演芸帖~西川ヒノデ・西川サクラ 

1942年録音・歴史的音源 プロフィール 西川ヒノデ・サクラは、昭和期に活躍した …

ぴろき ギタレレ漫談 明るく陽気に行きましょう♪
【漫才】 若井はんじ・けんじ お笑い幽霊話
【映画】横山エンタツ・花菱アチャコ【これは失礼(1936年)】

監督:岡田敬 出演者:横山エンタツ/花菱アチャコ/高尾光子/清川虹子/市川朝太郎 …

ミス・ワカナ/玉松川一郎 ワカナの自叙伝一郎、漫才になる

【1943年・歴史的音源】 プロフィール ミスワカナ・玉松一郎(ミスワカナ・たま …

【漫才】 芦乃家雁玉・林田十郎 質屋の娘

1953年録音・歴史的音源

■【漫才】中田ダイマル・ラケット(1979)

お笑いネットワーク 昭和54年7月放送

■夢路いとし・喜味こいし(いとしこいし)わたしの好物

プロフィール 夢路いとし(ゆめじ いとし、1925年3月27日 – …