【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀(二代目)幽霊の辻

      2019/03/08

Sponsored Link

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。
落語作家の小佐田定雄が1977年に2代目桂枝雀のために書き下ろした新作落語
小佐田とって処女作であり落語作家になるきっかけになった演目。

あらすじ

山向こうの『堀越村』というところまで手紙を届けくれと頼まれた主人公。
中腹まで登ってきたところで暗くなってしまい、急に心細くなった彼は近くにあった茶店で休息しつつ、出てきたお婆さんに堀越村までの道のりを訪ねてみた。

「へぇへぇ、まず《水子池》というのがあります」
飢餓の時期、生活に困った女たちが産んだ赤ちゃんを捨てたことからその名がついたという。
今でも、橋の上を通るたびに赤子の泣き声がするのだとか…。

「万が一子供がのぞきこむと、友達欲しさにずるずるっと…引っ張りこむんです。…そのさきには」
そんな感じで、村へと続く道は幽霊のオンパレードなんだとか。主人公は震え上がってしまった。

「幽霊の辻…それを超えれば村やな? あれ、おばあさん?」
言うだけ言って、おばあさんは店へ引っ込んでしまった。

「うわぁ…水子池…何もない…獄門地蔵…なにもない!!」
震えながら、ものすごいスピードで山道をかけていく。もうすぐ村だ…というところで、若い娘と鉢合わせした。

「何や、ド阿保!!」
場所が…自殺した女の幽霊が出るという《首くくりの松》のすぐそばだったせいで主人公は気絶しそうになってしまう。
「幽霊やと思ったやないか!?」
「…幽霊やないと思ったの?」
女の姿が、すっと消えた。

概要

闇に対する人間の恐怖感を皮肉った内容……と思わせておき、最後に本物の幽霊を登場させて一気に客席を氷つかせてしまう巧妙な作りの話。
現在でも、『心霊スポット』にまつわるドタバタは続いており、作者の観察眼の高さをうかがい知ることができる。

ちなみに、主人公が手紙を届けに行く《堀越村》は「お玉牛」の舞台となっている村。
また、柳家権太楼もこのネタを江戸ですることがあるのだが、こちらでは最後の幽霊の女に会った後も続き、大騒ぎして逃げていると「お客さん、お化け屋敷の出口はあちらですよ」と係員に言われて、お化け屋敷の噺であったことが判明して終わるというサゲが用いられている。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)池田の猪買い(いけだのししかい)

  池田の猪買い(いけだのししかい)は上方落語の演目で、北の旅噺の一つ。初代露の …

桂枝雀(二代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

桂枝雀(二代目)子ほめ

子ほめ(こほめ)は古典落語の演目の一つ。別題は『赤子褒め』。 原話は寛永五年、安 …

桂枝雀(二代目)雨乞い源兵衛

雨乞い源兵衛(あまごいげんべえ)は、上方落語の演目の一つ。 大阪市生まれの落語作 …

桂枝雀(二代目)さくらんぼ(頭山・あたま山) 超貴重な音源

頭山(あたまやま)は落語の演目の一つ。「頭山」は江戸落語での名称で、上方落語では …

■桂枝雀(二代目)皿屋敷(お菊の皿)

あらすじ 播州赤穂城下の怪奇譚に、有名な皿屋敷というのがあった。 その昔、青山鉄 …

■桂枝雀(二代目)壷算(つぼ算)

壷算(つぼざん)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …