【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小三治(十代目)湯屋番

      2018/07/09

Sponsored Link

湯屋番は、江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊が得意としていた。
その後は代々柳家一門が得意とし、特に3代目柳家小さんが現代に通じるスタンダードな型を作った。
現代では10代目柳家小三治やその弟子である柳家三三が手がけている。また、3代目笑福亭仁鶴が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じている。

あらすじ

家を勘当された若旦那が、出入りの職人の熊五郎の家に居候になったが一考 働く気が起きないので、隣町の銭湯に就職するように、すすめ、若旦那も、先方が銭湯と聞いて、喜んで出かけた。
若旦那は、番台に座りたいといったが、先方では、最初の仕事は裏方をと言ったのだが、そこの主人が食事をする間だけ、番台に座ることが出来た若旦那は、大喜びしたが、女湯は無人で、男湯だけに客が入っていた。
そのうちに退屈紛れに、中に入っている客の悪口を言ったり、女性にもてることを想像して、一人芝居をしていると、帰る客がいきなり、怒って、一人芝居に熱中している若旦那の顔を殴って、「俺の履き物がない、」と言って怒る客に、若旦那は、一番上等の下駄を履いていけという。
「お前のかと」客が聞くと、若旦那は、中のお客の物だという。
あきれたお客が「それじゃあ、あとの人が困るだろう」と言うと
若旦那は、「順々にはかせて、最後の方は裸足で返します。」

Sponsored Link

 - 柳家小三治(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小三治(十代目)出来心(花色木綿)

『出来心』(できごころ)は古典落語の演目の一つ。別名『花色木綿』、泥棒噺の一席に …

■柳家小三治(十代目)小言念仏【十八番!!】

小言念仏(こごとねんぶつ)は落語の噺の一つ。 上方落語では「世帯念仏」とも呼ばれ …

■柳家小三治(十代目) うどん屋

あらすじ ある寒い夜、屋台の鍋焼きうどん屋が流していると、酔っぱらいが 「チンチ …

■柳家小三治(十代目)ろくろ首(ろくろっ首)

あらすじ 与太郎が二十六歳になり、嫁が欲しいと相談を受けた叔父さんは、お屋敷のお …

■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

昭和41年(1966)年 柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治( …

柳家小三治(十代目)二人旅(ににんたび)

あらすじ 春先、お伊勢詣りに出かけた二人。 一人が遅れがち、聴くと、疲れて腹が減 …

柳家小三治(十代目) 夜叉

滅多に聴けない貴重な音源です 昭和55年9月10日、NHKのスタジオで録音された …

柳家小三治(十代目)宗論

宗論(しゅうろん)は、古典落語の演目の一つ。大正期に益田太郎冠者によって作られた …

■柳家小三治(十代目)お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

■柳家小三治(十代目) 長者番付(うんつく酒)

あらすじ 江戸から遊山旅に出た二人連れ、村の茶店で飲んだ酒が、村を出ると酔いが醒 …