【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小三治(十代目)湯屋番

      2018/07/09

Sponsored Link

湯屋番は、江戸時代から続く古い話で、明治の大看板、初代三遊亭圓遊が得意としていた。
その後は代々柳家一門が得意とし、特に3代目柳家小さんが現代に通じるスタンダードな型を作った。
現代では10代目柳家小三治やその弟子である柳家三三が手がけている。また、3代目笑福亭仁鶴が大阪に持ち帰りそのまま『湯屋番』の演目で演じている。

あらすじ

家を勘当された若旦那が、出入りの職人の熊五郎の家に居候になったが一考 働く気が起きないので、隣町の銭湯に就職するように、すすめ、若旦那も、先方が銭湯と聞いて、喜んで出かけた。
若旦那は、番台に座りたいといったが、先方では、最初の仕事は裏方をと言ったのだが、そこの主人が食事をする間だけ、番台に座ることが出来た若旦那は、大喜びしたが、女湯は無人で、男湯だけに客が入っていた。
そのうちに退屈紛れに、中に入っている客の悪口を言ったり、女性にもてることを想像して、一人芝居をしていると、帰る客がいきなり、怒って、一人芝居に熱中している若旦那の顔を殴って、「俺の履き物がない、」と言って怒る客に、若旦那は、一番上等の下駄を履いていけという。
「お前のかと」客が聞くと、若旦那は、中のお客の物だという。
あきれたお客が「それじゃあ、あとの人が困るだろう」と言うと
若旦那は、「順々にはかせて、最後の方は裸足で返します。」

Sponsored Link

 - 柳家小三治(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小三治(十代目)お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

柳家小三治(十代目)道具屋

あらすじ 神田三河町の大家・杢兵衛の甥の与太郎。 三十六にもなるが頭は少し鯉のぼ …

柳家小三治(十代目)宗論

宗論(しゅうろん)は、古典落語の演目の一つ。大正期に益田太郎冠者によって作られた …

柳家小三治(十代目)死神
■柳家小三治(十代目) 蛙茶番(かわずちゃばん)

蛙茶番(かわずちゃばん)は、古典落語の演目の一つ。元々、『五段目』という長編落語 …

■柳家小三治(十代目)金明竹(きんめいちく)

あらすじ 店番をしていた小僧が知らない人に傘を貸したので主が注意をする。 貸し傘 …

■【リレー落語】蒟蒻問答 柳家小さん・立川談志・柳家小三治【三人落語】

昭和41年(1966)年 柳家小さん(51歳) 立川談志(30歳) 柳家さん治( …

柳家小三治(十代目)時そば(時蕎麦)

あらすじ 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つとか六つなどと呼んでい …

柳家小三治(十代目)高砂や

かつては8代目春風亭柳枝や、6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治 …

柳家小三治(十代目) 不動坊火焔

もとは上方落語で三代目柳家小さんが東京落語に移植した作品。 「不動坊火焔」という …