【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)相撲風景

林家三平(初代)相撲風景(相撲場風景)

相撲場風景(すもうばふうけい)は上方落語の演目の一つ。「角力場風景」ともいう。 …

古今亭志ん生(五代目)半分垢

あらすじ 江戸時代、江戸の力士が上方へ、あるいは上方の力士が江戸へ来て修行をする …

橘家圓喬(四代目)角力の咄(半分垢)

一般によく演じられる『半分垢』の噺。短い時間にサゲまで持っていかなければならず、 …

橘家圓喬(四代目)付焼刃(角力の咄 Take2)

附焼刃・付け焼刃(つけやきば)一般によく演じられる『半分垢』の噺。短い時間にサゲ …

三遊亭円歌(二代目)鹿政談

鹿政談(しかせいだん)は古典落語の演目の一つ。 元々は講釈種の上方落語の演目で、 …

林家彦六(八代目 林家正蔵)普段の袴

あらすじ 上野広小路の御成街道には、お侍相手の武具店が多くあった。 そのうちの一 …

古今亭今輔 (五代目)くず湯

有崎勉(柳家金語楼)作 お婆ちゃんは、孫の幸次が引越しをし、室内はごった返してい …

春風亭柳枝(八代目)節分

橘家圓蔵(八代目)浮世床

三遊亭金馬(三代目)道灌

聴き比べ ⇒ 古今亭志ん生(五代目)道灌

古今亭志ん生(五代目)道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志/道灌

  2019/01/20    立川談志

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

三遊亭圓生(六代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

三遊亭金馬(三代目)浮世床

浮世床(うきよどこ)は、落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、現在では東京で …

春風亭昇太/愛犬チャッピー

人間は親を選んで生まれてくるというけれど、 ペットは飼い主を選べない? これがオ …

柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

古今亭志ん朝/花色木綿(出来心)

あらすじ ドジな駆け出しの泥棒。 親分に、「てめえは素質がないから廃業した方がい …

柳家小さん(五代目)出来心(花色木綿)

1966年(昭和41年)の音源 別名:花色木綿。泥棒噺の一席。 ※2015年2月 …

■柳家小三治(十代目)出来心(花色木綿)

『出来心』(できごころ)は古典落語の演目の一つ。別名『花色木綿』、泥棒噺の一席に …

三遊亭圓遊(四代目)松竹梅

1977年(昭和52年)12月16日録音 松竹梅(しょうちくばい)は古典落語の演 …

三遊亭円歌(二代目)染色(染め色)

一言メモ 東京オリンピック開催の年:1964年(昭和39年)2月22日録音(歴史 …

三遊亭小圓朝(三代目)一目上がり

金原亭馬生(十代目)初天神

■桂枝雀(二代目)高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

古今亭志ん朝/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

■春風亭一之輔/初天神

初天神のお参りに行く父親に、無理矢理ついてきた子供。「おねだりをしない」という約 …

三遊亭圓生(六代目)両国八景

雷門助六(八代目)両国八景

  2018/12/30    未整理

縄のれんの居酒屋で、醤油樽をイス代わりに、十五六の小僧を店番に酒を飲ませている。 …

三遊亭圓生(六代目)がまの油(蝦蟇の油)

あらすじ 大道商売の口上と言えば有名なのが「がまの油売り」だ、黒羽二重の紋付き袴 …