【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

春風亭柳枝(八代目)堪忍袋

春風亭柳枝(八代目)十徳(じっとく)

あらすじ 八つぁんが仲間と床屋で油を売っていると、その前を変わった着物を着て隠居 …

三遊亭金馬(三代目)堪忍袋

原作者は、三井財閥の一族である劇作家・評論家の益田太郎冠者。 主な演者として、東 …

古今亭志ん生(五代目) 庚申待(こうしんまち)~宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目)三枚起請(さんまいきしょう)

三枚起請(さんまいきしょう)は古典落語の演目の一つ。 もともとは上方落語で、初代 …

古今亭志ん朝/三枚起請(さんまいきしょう)

  2021/05/03    古今亭志ん朝

三遊亭圓生(六代目)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

金原亭馬の助(初代)しの字嫌い

しの字嫌い(しのじぎらい)は古典落語の演目の一つ。上方落語ではしの字丁稚(しのじ …

古今亭志ん朝/唐茄子屋政談

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋 …

古今亭志ん生(五代目) 小間物屋小四郎(大岡政談より)

京橋五郎兵衛町の長屋に住む、背負い(行商)の小間物屋・相生屋小四郎。 今度上方へ …

no image

古今亭志ん生(五代目) お若伊之助(因果塚の由来)

横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。 年が十七で栄屋小町といわれる美人 …

古今亭志ん朝/お若伊之助(根岸お行の松 因果塚の由来)

日本橋石町に「栄屋」さんと言う大きな生薬屋さんがあった。 そこの一人娘の”お若” …

桂米朝(三代目)紀州飛脚

『紀州飛脚』(きしゅうびきゃく)は上方落語の演目の一つ。艶笑噺の代表的な演目であ …

桂米朝(三代目)焼き塩(泣き塩)

  泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意 …

露の五郎兵衛(二代目)紀州飛脚

段落 『紀州飛脚』(きしゅうびきゃく)は上方落語の演目の一つ。艶笑噺の代表的な演 …

金原亭馬生(十代目)ざる屋(ざるや)

縁起担ぎのお噺です。元は上方ネタで、上方では「米揚げいかき」の題で演じられます。 …

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …

古今亭志ん朝/高田馬場

  2021/03/28    古今亭志ん朝

浅草観音の境内で、がまの油売りをする姉弟。客寄せの口上を述べている。 「さぁ~て …

立川談志/付き馬

  2021/03/28    立川談志

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …

古今亭志ん生(五代目)百年目

『百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。 元々は上方落語の演目で、のちに東京に …

春風亭柳枝(八代目)野ざらし(野晒し)

■立川談志/野ざらし

立川志らく/野ざらし

  2021/03/14    立川志らく

【ニコニコ動画】【落語】_立川志らく_野ざらし

春風亭柳好(三代目)野ざらし(野晒し)

三代目春風亭柳好は同演目を得意ネタとしており、リズミカルな歌い調子と底抜けに明る …

三遊亭金馬(三代目)転宅

転宅(てんたく)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天明8年(1703年)に出版さ …

■三遊亭圓歌(三代目)浪曲社長【三部作 Vol.003】

三部作 ①授業中(山のあな) ②月給日 ③浪曲社長

三遊亭圓歌(三代目)月給日【三部作 Vol.002】

音源:1976年4月4日 於東宝演芸場(当時47歳) 三部作 ①授業中(山のあな …

三遊亭圓歌(三代目)授業中(山のあなた)【三部作 Vol.001】

昭和23年作、昭和25年発表の創作落語。 1982年の音源(当時53歳) 三遊亭 …

春風亭柳昇(五代目)結婚式風景

ある結婚披露宴の風景。 はじめにスピーチに立った仲人さんは 「新郎の経歴は……あ …