【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂枝雀(二代目)煮売屋

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)胴乱の幸助(どうらんの幸助)

胴乱の幸助(どうらんのこうすけ)は上方落語の演目の一つ。 浄瑠璃(義太夫節)の素 …

三遊亭圓遊(四代目)古手買い(ふるてがい)

「熊さん!」 「源さんか、入りなよ」 「驚いちゃった。おカミさんと食事をしていた …

古今亭今輔(五代目)思い出

桂文枝(五代目)喧嘩長屋

ある長屋で、夫婦原喧嘩が始まる。 これがとてつもない喧嘩で、長屋連中も巻き込んで …

柳家金語楼/喧嘩長屋

帰って来た亭主相手に「殺せ、叩き殺せ」いつもの喧嘩が始まった。 死ぬの生きるのと …

三遊亭円歌(二代目)木炭車

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

橘家圓蔵(七代目)締め込み

橘家圓蔵(七代目)按摩小僧(あんま小僧)

橘家圓蔵(七代目)映画の穴

プロフィール 7代目橘家圓蔵(7だいめ たちばなや えんぞう、1902年3月23 …

柳亭痴楽(四代目)新聞記事(阿弥陀池)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …

■桂枝雀(二代目)阿弥陀池(新聞記事)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …

■桂文楽(八代目)締め込み

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

古今亭志ん生(五代目)締め込み

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花 …

古今亭志ん朝/締め込み

  2019/05/05    古今亭志ん朝

締め込み(しめこみ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、享和2年(1802年)に出 …

三遊亭金馬(三代目)三人旅

三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。 馬賃を値引きして失敗、馬 …

柳家小さん(五代目)三人旅

あらすじ 三人で旅をしている途中、歩き疲れたので馬でも乗ろうか。 馬賃を値引きし …

露の五郎兵衛(二代目)三人旅~浮之尼買い

世間一般、まだ旅行が特別な行事であった時代には家族、隣近所、あるいは自分自身にと …

■三遊亭圓生(六代目)豊竹屋

豊竹屋(とよたけや、とよだけや)は落語の演目の一つ。 別題に『豊竹屋節右衛門(と …

三遊亭圓馬(三代目)三人旅

1928年・歴史的音源 生粋の上方噺家でありながら、一流の江戸噺家でもあった希有 …

三遊亭圓生(六代目)のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …

古今亭志ん生(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)

あらすじ あるバクチ打ちの男。 誰か夜中に訪ねてきたので開けてみると、何と子狸。 …

立川談志 狸賽(たぬさい・たぬき)

狸の札・狸の鯉・狸賽・たぬき

■柳家小さん(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)

八代目 橘家圓蔵(月の家圓鏡)湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …