【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …

古今亭志ん生(五代目)疝気の虫

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

三遊亭金馬(三代目)池田大助(佐々木政談)

あらすじ 大岡越前守が、田舎侍に扮して、護衛を一人つけて、江戸市中を見回って歩い …

三遊亭金馬(三代目)妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

笑福亭仁鶴(三代目)青菜

プロフィール 3代目笑福亭 仁鶴(しょうふくてい にかく、1937年1月28日 …

■三遊亭圓生(六代目)中村仲蔵

あらすじ 出し物「仮名手本忠臣蔵」という狂言が決まり、座頭と立作者が当時は役を決 …

■三遊亭圓生(六代目)/百年目

あらすじ 大店(おおだな)の旦那は番頭に店を任せて商売には口を出さないと言うのが …

立川談志/猫久(ねこきゅう)

  2021/12/02    立川談志

長屋連中の人気のおかず『鰯のぬた』は、貧乏人のおかずとされていた。 落語『目黒の …

古今亭志ん生(五代目)業平文治(なりひらぶんじ)

あらすじ 寛永の頃に本所の業平村に浪島文治郎という人がいた。 この人の父親は堀丹 …

立川談志/西鶴一代記

  2021/11/30    立川談志

談志師匠の「ひとり会CD」に入っていた噺で、これも「地噺」ですね。 要するに、ス …

立川談志/天災

  2021/11/29    立川談志

天災(てんさい)は、古典落語の演目の一つ。 上方・江戸双方で口演されており、基本 …

立川談志/武助(ぶすけうま)

  2021/11/28    立川談志

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋を …

春風亭柳枝(八代目)締め込み

■桂吉朝/質屋蔵

  2021/11/27    桂吉朝

質屋の旦那が三番蔵で化け物が出るという噂を聞いて、番頭に一晩見張っていろと命ずる …

■古今亭志ん生(五代目)昭和39年(1964年)74歳の映像

志ん生が74歳の時に紫綬褒章を受章した後、NHKのスタジオで「鰍沢」を演じた後の …

三笑亭可楽(八代目)士族のうなぎ(素人鰻)

■古今亭志ん生(五代目)昭和43年(1968)7月3日 78歳の映像

この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京) …

三遊亭円歌(二代目)巻き返し

長崎抜天作

立川談志/ねずみ穴(鼠穴)

  2021/11/25    立川談志

あらすじ 竹次郎が江戸の兄のところに訪ねてきた。 竹次郎は遺産の大部分を茶屋酒と …

立川談志/三方ヶ原軍記(みかたがはらぐんき)

  2021/11/24    立川談志

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(1573年1月 …

橘家圓太郎(八代目)粗忽の釘

「粗忽の釘」 橘家圓太郎

古今亭志ん生(五代目)御家安とその妹(前編・後編/上下完)

御家安とその妹(前編・上) 御家安とその妹(前編・下)00:28:45~ 御家安 …

■古今亭圓菊(二代目)明烏

明烏(あけがらす)は、落語の演目の一つ。新内節の「明烏夢泡雪」を下敷きにしており …

三遊亭金馬(三代目)唐茄子屋政談

立川談志/権助提灯

  2021/11/21    立川談志

古今亭志ん生(五代目)穴釣り三次(上・下)*

▼あらすじ▼ 【上】 紙問屋・甲州屋の一人娘お梅が奉公人の粂之助と深い仲になる。 …

三遊亭圓遊(四代目)堀の内

あわて者の熊五郎は、自分のそそっかしい癖を信心で治そうというかみさんの提案で「堀 …

三遊亭圓遊(四代目)古手買い(ふるてがい)

「熊さん!」 「源さんか、入りなよ」 「驚いちゃった。おカミさんと食事をしていた …

■古今亭志ん朝/引越しの夢(口入屋)

口入屋(くちいれや)は、上方落語の演目の一つ。東京でも「引越の夢」という題で演じ …

■立川談志/鉄拐(てっかい)

  2021/11/19    立川談志 ,

鉄拐(てっかい)は落語の演目の一つ。原話は、文化年間に桜川慈悲成が出版した笑話本 …