【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

「 ◎創作・新作落語 」 一覧

柳亭痴楽(四代目)隅田川

昭和40年7月録音(1965年) 永井荷風の小説をもとにした柳亭痴楽(四代目)の …

三遊亭円歌(二代目)馬大家

昭和17年(1942)鈴木凸太作 あらすじ  大家・馬場進さんの長屋に借り手がや …

柳亭痴楽(四代目)ラブレター(女給の文)

あらすじ 若い女性の良いところと損なところがあります。 男なら、朝、少しぐらいの …

三遊亭圓生(六代目)水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …

桂文治(九代目)小粒

ある小さい男が大きくなりたい一心で芝山の仁王尊に願掛けに行く。 すると、仁王さま …

春風亭柳昇(五代目)義理固い男

落語 「義理堅い男」 春風亭柳昇

■春風亭柳昇(五代目)日照権

町内に14階建てのマンションが建設されることになった。 マンションが建てば近隣の …

春風亭柳昇(五代目)すき焼き兄妹

春風亭柳昇 すき焼き兄妹

立川志の輔/買い物ブギ

立川志の輔/踊るファックス

あらすじ 新しくファックスを購入した吉田薬局。 クリスマス・セールのチラシを作っ …

■桂米朝(三代目)一文笛

※米朝作新作落語 あらすじ 今は足を洗ってカタギになっている兄貴分が弟分にも足を …

桂春蝶(二代目)一文笛

桂米朝作 新作落語 あらすじ 寄席では三棒(三坊)と言って、つん棒、けちん棒、泥 …

■桂文楽(八代目)かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

柳家小三治(十代目)かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …

三遊亭金馬(三代目)相撲放送

古今亭今輔 (五代目) 青空おばあさん

あらすじ 婚約者の春子の家に挨拶をしに来た秋男、70を越えたおばあちゃんにびっく …

古今亭今輔 (五代目)印鑑証明(お役所風景)

有崎勉作(柳家金語楼)新作落語

柳家金語楼/逆さま

有崎勉作

柳家金語楼/満足帳

有崎勉作

柳家金語楼/意見

有崎勉作

柳家金語楼/落語家の兵隊

あらすじ 軍隊に入ったが噺家だというのであっちの連隊、こっちの連隊からお座敷が掛 …

柳家権太楼(初代)カツレツ(トンカツ)

前半 初代柳家権太楼解説 トンカツ 16′13″~ 猫と金魚 初代柳家権太楼の出 …

■瀧川鯉昇/蕎麦処ベートーベン(時そばベートーベン)

時そばの改題の新作落語のようで…… 実はそうでもない、鯉昇師匠完璧オリジナルの創 …

三笑亭可楽(八代目)悋気の見本

あらすじ ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。 ところがこの奥さん、焼き …

桂春蝶(二代目)昭和任侠伝

高倉健さんが及ぼす影響は落語にもありました。 桂春蝶(二代目)の新作落語。どうぞ …

桂文治(九代目)大蔵次官

1964年11月10日録音 どこでどんな吉運が待ち受けているか分からない。掛け持 …

入船亭扇橋(九代目)応挙の幽霊

あらすじ 古道具屋が安く仕入れた幽霊の掛け軸を、訪ねて来たお得意の旦那に10両で …

三遊亭円歌(二代目)トラタク

三遊亭円歌(二代目)大出来大当り

春風亭柳橋(六代目)支那そば屋(うどん屋改作)

落語 「支那そば屋」 春風亭柳橋(六代目) うどん屋の改作大正3年の二代目柳家つ …